岩手県山田町

鯨と海の科学館

岩手県山田町 鯨の不思議と、海の神秘

館内ガイド

館内ガイド

見どころ

館内は建物の上から下へとテーマ毎に展示物を配置し、スロープを下りながら海中を深く深くへと散歩するイメージで、海や鯨について学んでいきます。

13Dシアター

「生命体としての海」をテーマにした迫力の立体映像を上映しています。
3Dメガネをかけ、マッコウクジラといっしょに海の神秘を体験してみましょう。

3Dシアター

2マッコウクジラ実物大模型

常設展示室にあるマッコウクジラ骨格標本をモデルに再現しています。
体形だけでなく、雄同士の闘争の傷跡や餌であるイカの吸盤の跡等の生態的側面も出来る限り忠実に再現しました。
人気の撮影スポットでもある施設のシンボルです。

マッコウクジラ実物大模型

3海の不思議について学ぶ

世界や三陸の海について、広さや深さ、海流と気候の関係、海水の性質など、私たちが暮らしている地球の「海の不思議」についてパネルや映像等を使って分かりやすく解説しています。

海の不思議について学ぶ

4海の生き物について学ぶ

三陸・山田の磯に住む魚介類や海藻、沖合に住む生物、日本近海を回遊する魚、プランクトン、深海生物など、私たち生命の源である豊かな海の生物を、工夫した展示で紹介しています。

海の生き物について学ぶ

5クジラについて学ぶ

今から約5,000万年前、カバの仲間の哺乳類から始まるクジラの進化の歴史や、世界のクジラの種類と大きさの比較、寿命、潜水の秘密、ヒゲの標本など、あらゆる角度からクジラの生態と不思議について紹介しています。

クジラについて学ぶ

6クジラの本物骨格標本

1987年に三陸沖で捕獲された巨大なマッコウクジラ(雄、17.6m)の実物骨格標本です。
実際に見るとその大きさに驚かれることでしょう。
また、横にあるミンククジラの骨格標本と比べて、その違いを探してみましょう。

クジラの本物骨格標本

7海と人間の共存ついて学ぶ

三陸沖の豊かな海と自然条件に恵まれた山田町の幅広い漁業や、1980年代まで行われていた商業捕鯨の歴史を実際に使われていた道具や資料を展示し当時を振り返ります。
また、現在も進む深海研究の紹介と、世界で最も深く潜れる日本の潜水調査艇「しんかい6500」の展示も行っています。

海と人間の共存ついて学ぶ

8特別展示室

常設展示のほかに、山田町や三陸の海、漁業、クジラなどをテーマに、期間限定の企画展示も行っております。
最新の企画展情報はこちら ≫

特別展示室

9タッチプール

子どもに人気!山田の磯を再現して作りました。実際に生き物が住んでいるので間近で観察したり、触ることもできます。何がいるかはお楽しみ。何種類いるか探してみてね!

タッチプール

10ラウンジ・図書コーナー

順路の出口ホールには、水槽コーナーやグッツ販売・観光案内所、休憩スペースの他、クジラに関する絵本などを集めた図書コーナーもあります。
また、こちらで「海藻しおり体験(100円)」も行っております。

ラウンジ・図書コーナー

TOP